栄養と料理デジタルアーカイブス トップページへ戻る

昭和10年〜30年

巻号・目次で検索

著者名で検索

キーワードで検索

「栄養と料理」について

御礼

<著作権について>
日本私立学校振興・共済事業団の補助により作成しました。


女子栄養大学 トップページへリンク

香川栄養学園と『栄養と料理』について


 学校法人香川栄養学園は、東京帝國大学医学部の内科医であった香川昇三・綾夫妻が「多くの病気は誤った食生活に原因があること」に着目し、正しい食生活で病気を予防することを願って、昭和8年に「家庭食養研究会」を旧東京市小石川区駕籠町の自宅一室に開設したことに始まり、今日の女子栄養大学、同大学院、同短期大学部、香川栄養専門学校の運営母体として発展して参りました。

 雑誌『栄養と料理』は、「家庭食養研究会」の講義録であったものを全国の方々からのご要望に応えて昭和10年6月に無償配布したもので、創刊にあたり夫妻の恩師であった東京帝國大学の島薗順次郎博士が『栄養と料理』と命名され産声を上げました。反響が大きく希望者が多かったことから、次号(7月号)から有償(20銭)とし、爾来昭和20年の戦災による校舎焼失後の一時期休刊を除き、この度の創刊70周年まで連綿として続いて参りました。この間、本学園の教育研究の成果を皆様方の毎日の生活にお役に立てていただくという一貫した姿勢を貫いております。

 平成14年には、「栄養と料理デジタルアーカイブス」として文部科学省補助金対象事業に採択され、『栄養と料理』の戦前刊行10年分(昭和10年〜20年)の画像データベースを構築しインターネット公開を実現しました。このアーカイブスは著作者他関係の方々のご理解を得て逐年収録を拡大し、将来的には昭和の刊行分を全て収録して教育・研究者をはじめ皆様方のご高覧の便に供したく計画しております。

 「食育」の緊急な必要性と栄養教諭制度の発足、生活習慣病対策、食による介護が必要な方々の食生活向上等々の今日的な課題に対して、本学園の教育研究による科学的根拠にもとづく、正しい食事による病気の予防と健康の維持増進の方法を『栄養と料理』をとおし広くお知らせしてまいります。

 「21世紀の豊かな食と健康」を目指していくことを私共の使命とし、引き続き努力してまいりますので、今後共暖かいご支援を賜りますよう宜しく御願い申し上げます。

女子栄養大学・女子栄養大学短期大学部 学長
香川栄養専門学校 校長

香川 芳子


copyright(c) 2005 KAGAWA NUTRITION UNIVERSITY All rights reserved.